お尻のザラザラ

ノーパンがベストと言うのは、締め付けない、蒸れないとう理由で言われているのかもしれません。
では、どうして下着をつけるようになったのでしょうか。

 

さかのぼると、アダムとイブのお話もありますが、その後を考えますと、
やはり下着は、外部からの刺激や病原菌からの保護、保温、保湿などから必要とされているのではないかなと思います。
おしゃれのことを考えて直接衣類をつけるかたもいらっしゃるかもしれません。それはそれで、必要な時には悪いとは思いません。

ただ、日常いつも、下着をつけないのは、トラブルを抱えているかたには、控えたほうが。
ただ、下着もきついゴムやひもを使っての締め付けは血行を妨げますし、化学繊維のもので、皮膚に刺激を与えてしまうのは、良くないかもしれません。
木綿や絹などの、自然素材で締め付けないものが、1番なようです。今は、自然素材で、立体裁断だったり、可愛いものも販売されているようなので、お尻のケアを考えたおしゃれも楽しめそうです。

 

刺激のことを考えると、漂白剤や柔軟剤も少し控えたほうがいいかもしれませんね。
それでも、ノーパン派にこだわりたい、と思われるかたには、お風呂に入ったあと、クリームやジェルなどで保護してから、
清潔な綿や絹のバスタオルやタオルケットで身体を包んで、ゆっくりとした時間を過ごすのも素敵です。

 

ただ、私を含めてですが、寝る寸前まで、かたずけなどでばたばたとしているひとにとっては、夢のようなあこがれのシーンなので、やはり、自然素材の締め付けない下着で過ごすことになってしまいそうです。